とりあえずニュースを確認してみる

【元乃木坂46・生駒里奈】また舞台主演!その人気の理由とは?

 
  2018/10/16
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

生駒里奈さん、舞台『トゥーランドット』主演決定!ダブル主演に松田凌さん

元乃木坂46の生駒里奈さんと俳優の松田凌さんが、2019年1月上演の舞台『トゥーランドット ~廃墟に眠る少年の夢~』でダブル主演を務めることが分かりました。

 

舞台を「楽しむ」

 

早稲田大学演劇研究会出身の脚本家・毛利亘宏と俳優の井俣太良らが立ち上げた劇団・少年社中。

この旗揚げ20周年記念公演の最後を飾る本作は、歌曲『誰も寝てはならぬ』などで有名なオペラ『トゥーランドット』をモチーフにした完全新作です。

ストーリーは厳格な管理社会に疑問を抱く統治者・トゥーランドット姫と、管理社会を打ち壊そうとするレジスタンスの少年・カラフが出会い、禁じられた演劇を上演することで世界を変えようとする姿を描いたもの。

今回生駒さんは、遠い未来に厳格な管理社会で世界を統治するトゥーランドット姫を演じ、ダブル主演の松田凌さん演じる少年・カラフと出会い、運命の恋に落ちていきます。

昨年8月の同劇団の作品「モマの火星探検記」でも主演した生駒さんは「少年社中の世界を思いっきり楽しむことがまたできてうれしいです !!  社中の歴史に刻めるように頑張りたいと思います」と舞台に対する意気込みを語っていました。

今回の舞台も毛利さんが演出・脚本を担当。

井俣さんをはじめとする少年社中の劇団員12名のほか、有澤樟太郎さん、赤澤燈さん、ザンヨウコさん、馬場良馬さん、鈴木勝吾さん、藤木孝さんら、そうそうたる共演者の出演が決定しています。

この少年社中20周年記念ファイナル 少年社中第36回公演『トゥーランドット ~廃墟に眠る少年の夢~』は、東京・池袋のサンシャイン劇場にて2019年1月10日~20日、大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて24日~27日、福岡・ももちパレスにて30日、31日に上演される予定です。

 

元乃木坂46の創成者

 

2018年4月22日、日本武道館で乃木坂46としての生駒里奈さんの卒業コンサートが行われました。

 

“乃木坂の顔”といわれていた生駒さんの卒業に、インターネット上では「乃木坂を聴くようになったのは生駒さんのおかげです。ありがとう」「生駒ちゃん、今まで乃木坂のためにいろいろありがとう。これからも精一杯応援します」などと労う声が上がっていたそう。

生駒さんは2011年8月、乃木坂46の第1期メンバーオーディションに合格し芸能活動を開始。

1stシングル「ぐるぐるカーテン」から5thシングル「君の名は希望」までセンターポジションを務め上げた彼女。

初期からグループを盛り上げ、牽引した「創成者」とも呼ばれるメンバーでした。

さらに、2014年2月には“交換留学”としてAKB48との兼任が発表され、同年6月に行われた「第6回AKB48選抜総選挙」では約4万票を獲得して14位にランクイン。

2015年の兼任解除まで、AKB48としても活動するなど獅子奮迅の活躍をみせていました。

その後、バラエティ番組やドラマにソロで出演することも増えた生駒さんは2018年1月、グループからの卒業を発表します。

突然の発表にファンやメンバーからは悲しみの声が。

卒業を決めた理由については「純粋に乃木坂46が大好きだから。自分の夢もそうだけど、乃木坂46が今後もっと活躍するために、私が卒業して活躍したいと思った。これからやりたいことは乃木坂46(のメンバー)の希望になること。私は自分のためだと頑張れないんです。何かのためになら、一生懸命頑張れる。それを一番発揮できるのが『乃木坂46のため』なんです」と語っていました。

卒業コンサートはチケットの倍率がおよそ30倍にも上り、乃木坂46史上初となる映画館でのライブ・ビューイングチケットは6万席が50分で完売するなど、大きく注目されました。

卒業コンサート当日は、生駒さんがセンターを務めたシングル曲をすべて披露。

およそ3時間、全25曲をメンバーと歌い上げました。

最後にスピーチで「何もできない15歳の素人が、7年も続けることができた」「人間ってこんなに変わることができるんだって教えてもらった」などと語った生駒さん。

メンバーや大勢のファンに感謝の言葉を残しています。

6年8カ月の活動に終止符を打つ生駒さんの卒業に対し、ネット上では「乃木坂のセンターは生駒ちゃんだといまだに思っている。卒業おめでとう! 次のステージでもがんばってね!」「AKBも乃木坂もまったく興味ないけれど、生駒ちゃんはなぜか好感持てる」「生駒ちゃんは人として尊敬できると言えるくらい、人格者で努力家。これからもずっと応援していくよ!」など、多くの応援の声が聞かれました。

誰からも愛される“乃木坂の顔”であった生駒さん。

彼女が新しい道へと羽ばたいた瞬間でした。

 

卒業後も幅広く活躍

 

卒業後も幅広く活動をし続けている生駒さん。

具体的にはどのような活動をされていたのか!?

振り返ってみました!

 

個人のSNSをスタート!

 

卒業後、生駒さんが始めたことは個人の公式インスタグラムの開設でした。

 

主に乃木坂46のメンバーとのツーショット写真や日々の報告などの投稿がされ、フォロワーもあっという間に増加。

ファンにとってもSNSの開設は嬉しいニュースとなり、注目を集めました。

投稿する際に、なにか意識していることはありますか?という質問には特に意識していることはないと語った彼女。

そのときに思ったことをブログみたいに書いたり、お腹が空いたっていう一言だけをつぶやいたり、本当になにも決めずに自由にやっているとあくまでもゆるい気持ちで取り組んでいることを明かしていました。

また、インスタグラムを始めて良かったと思うことについては自分の好きなものを発信しやすくなったことだそう。

その場で思いついたり目についたものをファンに発信できる手軽さがお気に入りとのことでした。

ファンにとっても生駒さんを身近に感じることのできるツールとしてインスタグラムを使っている方は多いはず!

今後も彼女の投稿にも注目ですね。

 

女優としての活躍

 

女優としても活動の幅の広がりはとどまることを知りません!

今年7月には舞台『魔法先生ネギま!~お子ちゃま先生は修行中!~』で立派に主演を務めた生駒さん。

そこから舞台女優としての活躍が注目され始めます。

そんな中、さらに11月15日(木)~11月25日(日)の期間、東京・EXシアター六本木にて上演される『暁のヨナ~緋色の宿命編~』では矢部昌暉さん(DISH//)とダブル主演を務めることが決定しています。

そして今回の舞台『トゥーランドット ~廃墟に眠る少年の夢~』で再びダブル主演!

自身が夢だと語っていた女優としてのスキルを着実に身につけていっています。

 

卒業後も活躍できる理由とは?

 

AKB48をはじめとしたアイドルグループでは、卒業後にメディアへの露出がめっきり減ってしまうメンバーも多いと言われています。

そんななか、生駒さんについては「卒業しても生駒ちゃんらしくテレビで活躍する姿を期待しています!」「アイドルの殻を破った生駒ちゃん、今後の活躍も期待できる」「生駒ちゃんは卒業後のほうが露出増えそう」などと、今後の活躍を期待する声が数多く上がっていました。

こういった声が多くあがるその理由は何なのか?

調べてみると彼女の周りにいる人々の声からその理由が見えてきました!

まず、「同性から見ても清々しさと潔さを感じる」こと。

本来のアイドルといえば、男性ウケを狙って媚びるようなそぶりを見せるようなイメージがありますよね。

しかしアイドル現役時代からそのような姿勢がなかった生駒さん。

もともとぶりっ子が苦手なようで、素の自分を出すことが一番と考えていたそうです。

そのため男性だけでなく女性の支持を集めた彼女。

卒業後もその姿勢を貫き、ファンを獲得していっています。

また、生駒さんは「学生時代にスクールカーストの一番底辺にいたと自ら語っています。

そのような境遇に共感する人たちも多い現代。

彼女の意外な過去から現在の活躍までの道のりに勇気付けられたという人が多かったのではないでしょうか?

さらに、AKB48グループなどアイドルグループを卒業するメンバーはただ漠然と「女優になりたい」と発言する人が多いような気がします。

しかし、生駒さんは今後の自分の将来について「未来は明るいので、これからもいろいろ挑戦していきたい。そして、(自身の3年後について)長く生き残っていればいいです。芸能界に」と発言。

こういった「女優」という狭い視野にとらわれていないところや謙虚な姿勢も、ファンが応援したくなる理由だといえそうです。

 

女優としての今後にも期待!

 

生駒さんは乃木坂46を卒業する際にこんな話をしていました。

「もっともっと険しい道を登りたい。こんなに充実しているのに、この世界(芸能界)で夢を持って、次の夢をつかみたいと思ってしまった。だからこそ、メンバーには胸を張って一人で仕事をできるところを見せたいし、スタッフさんには『生駒に仕事をたくさんあげたい』と思ってもらいたい。(ファンの)皆さんのためには現実を忘れさせられるように、エンターテイナーになれるように頑張りたい」

このメッセージには独り立ちをするという不安を見え隠れしながらも大きく羽ばたいていきたいという彼女の熱い思いが伝わってきます。

また自身の卒業コンサートでは「私がやることは『乃木坂46』の希望になること」と、卒業後の目標を語っていた生駒さん。

「乃木坂時代にたった1人でAKB48との兼任を決断したりと、自分でこうと決めたら突っ走っていくタイプであることは乃木坂時代から知られていましたが、卒業後もいい意味でいっさいブレていないようですね。卒業後の旅路は険しい道になることは本人も想定してうえで、自分が今後やっていくことは何ら変わらないという決意の表れでしょう」と関係者は語っています。

夢と目標の実現に向かって奮闘する生駒さんの今後の姿にも目が離せませんね!

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2018 All Rights Reserved.