とりあえずニュースを確認してみる

【池田エライザ】パーティー好きの港区女子に!実は貧乏だった時代があった!?

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

3億円の宝くじに当選した男の姿を描いた映画『億男』。

俳優・佐藤健さん高橋一生さんが初共演を果たした新感覚マネーエンタテインメントです。

今回、主人公を富豪たちの世界へ導き、親友探しに手を貸す女性・あきらを演じた池田エライザさん

お金にまつわる過去のエピソードや思いを述懐し、語ってくれました。

 

映画「億男」でパーティー好きの女子を好演

 

2015年に「本屋大賞」にノミネートされ、累計発行部数76万部を突破している川村元気さんの話題作「億男」(文春文庫刊)。

これを原作にした、佐藤健さんと高橋一生さんが出演する映画「億男」が10月19日(金)より公開されます。

 

ストーリーは借金を抱え、家族がバラバラになってしまった図書館司書・一男(佐藤さん)が3億円の宝くじに当選したところから始まります。

一男はもう一度人生をやり直そうとしている矢先、その当選した3億円を大学時代の親友・九十九(高橋さん)に持ち逃げされ…。

一躍大金持ちになる一男を中心に、お金や友情、家族に翻弄される人々の姿を描く本作。

今までにない新感覚エンターテイメントになっています。

そんな一男の九十九捜しに協力するパーティー好きの “港区女子”のあきらを演じる池田エライザさん。

この映画のテーマは、ズバリお金

「お金の存在をいろんなことに置き換えられる映画。自分が日頃悩まされている苦しみの正体が一体どういうものなのか。それを見極めるきっかけをくれます」と話しています。

また現代のお金のあり方について、「今の世の中は仮想通貨やICカードがあります。お金の価値自体はほとんど変わっていないのに、私たちの付き合い方が変わりました。劇中の百瀬さん(北村一輝)の『頭の中で行ったり来たりしたモン。あれが金の正体や』というセリフが、鳥肌が立つほど納得できました」と演じるにあたって感じたことを明かしてくれました。

自身が好演している“パーティー好きの港区女子”あきらは、一男の3億円を持って失踪する親友で億万長者の九十九(高橋)探しをサポートするヒロイン。

その役どころについて尋ねてみると、「あきらちゃんは好奇心はありますけど、金銭欲や自分のメリットのために動いてる感じはない。人間学みたいなものに興味があって、パーティーにフラリと現れる。そういう子なんじゃないかなと思います。人に絶望を与えないという意味で世渡り上手な子です」とその役についての見解を話していました。

 

池田エライザさんのプロフィールと経歴

 

本名 : 池田依來沙(いけだ えらいざ)
生年月日 : 1996年4月16日
出身地 : 福岡県
血液型 : B型
身長 : 169cm
スリーサイズ : B85-W59-H88

父親が日本人で母親がフィリピン人のハーフとして生まれた池田さん。

なんでも母親は歌手で日本でもモデルとして活動していたことがある方だそうです。

きっと池田さんの美貌は母親譲りなのでしょうね。

ちなみに生まれはフィリピンで、その育ちが福岡になるそうです。

芸能界デビューのきっかけはローティーン向けファッション雑誌「ニコラオーディション」でグランプリを受賞したこと。

その後『ニコラ』の専属モデルとして活動をスタートさせます。

主にモデルとして活動していた池田さん。

ファッション雑誌『CanCam』の専属モデルとして活動を始めると同時に、芸名を”依來沙”から現在の”エライザ”に変更しています。

そんな彼女が世間に知られ始めたきっかけがSNSでした。

上京する前から「現代は(SNSを用いて)自らの情報は自ら発信するのが得策である」と考えていた池田さん。

所属事務所のスタッフらの了解も得ずに勝手にアカウントの取得しをTwitterを始めたそうです。

テレビ番組などにもあまり露出していない頃で、ほぼ無名の時期でしたがどんどんフォロワーを増やしていった池田さん。

特にSNSに投稿する自撮り写真が女子高生の間でブームとなり、自撮りの神として評価されます。

これは2014年に口元をつまんで唇を尖らせたポーズをとった自撮り写真のこと。

自身のTwitterのアイコンとしてこの写真を使ったところ中高校生の間で反響を呼び、ファンによってエライザポーズと名付けられました。

ちなみに池田さんの解説によると正しいエライザポーズのやり方は、「片手の指を、全部顎に添えて、口元をグイッてやる。アヒル口になるまで押し上げて、目はパッチリと開く」ということだそう。

このポーズは2014年に出演したバラエティ番組『ザ!世界仰天ニュース』で紹介されると更なる反響を呼び、彼女の知名度をあげることに貢献しています。

 

また、女優としても活躍する池田さん。

2011年公開の『高校デビュー』で映画デビューし、『絶叫学級』(2013年公開)にも出演。

その後2014年、メイベリンニューヨークが展開するリップクリームシリーズ「BABY LIPS」のキャンペーン企画として制作されたVine史上初となる連続ドラマ『BABY MAGIC』で初主演を務めています。

また2015年には園子温監督の映画『みんな!エスパーだよ!』のヒロインに抜擢され、本格的に女優活動を開始します。

同映画への出演はオーディションでの採用だったそう。

オーディションで園監督に自身の映画をどう思うかと聞かれた彼女。

その時素直に「嫌いです。血みどろだったりセックスだったり、でも最終的には家族の愛なんてどんだけシャイなんだ」と答えたところ、その正直さが功をなしたのか見事合格したそうです。

 

貧乏だった時代も経験!?

 

芸能界は華やかである一方、厳しい競争社会でもあります。

仕事に恵まれぬ新人時代は、お金に苦しむ者も少なくなく、池田さんもその一人。

「カバン1つで上京した」と語る彼女は下積み時代も長かったこともあり、意外にも貧乏な時代を経験していたようです。

この当時について、園子温監督の『映画 みんな!エスパーだよ!』(2015)に出演していた時期が「一番お金がない時期だった」と笑いながら語っていた池田さん。

「『エスパー』の撮影で豊橋市にいたころです。一番お金がない時期でした(笑)。日々どうやって食べていこうかなと悩んでいました。東京から豊橋まで移動するのに新幹線でお金を使って、残りのお金でカレーうどんを食べたかったけど、足りなくて食べられなかったのをよく覚えています。あのころ、共演した深水元基さんやマキタスポーツさんが『ファミレス』という名前の焼肉屋さんによく連れて行ってくれました。あとは弁当を持ち帰っていました(笑)」と厳しい生活をしていたことを明かしていました。

しかしその当時の貧乏時代は特に苦労した感覚はなかったそう。

反対にその時は楽しかったとキッパリ述べています。

そして、「お金がないという負荷がかかったとき、お金が天使に見えるのか、悪魔に見えるのか。いろんなことをぐるぐる考えました。どれだけお仕事に恵まれるようになったとしても、それだけは絶対忘れないようにしています」と自分のお金に対する向き合い方を語っていました。

 

ご褒美は高級ギター

 

仕事で多忙になってから経験した高い買い物はギターだったという池田さん。

ボブ・ディランも手にしていたギブソンの名器「SJ‐200」を、約100万円奮発して購入したそうです。

ずっと欲しかったというギター。

仕事のロケで行った大阪の楽器やさんでたまたま見つけたそうです。

その時のことについて、「いや~、お金で苦しんでいたころの自分に、この話を聞かせてやりたいです。『そのギター、高かったけど買ったんだぞ!』って(笑)。本当に、命を買うような気持ちでした。一生付き合っていきたいです!」と懐かしそうに話していました。

出典:YouTube

まとめ

 

華々しい芸能界を謳歌しているように見える池田さん。

意外にもその過去には貧乏な時代があったことがわかりました。

そして最後にインタビューで、「親はバブルのころに人生を謳歌していました。私には私なりのお金との付き合い方があって、お金のない時代のことは絶対忘れません。その時代に何を求めて、どういう精神状況に陥ったのか。それを覚えておくのが、そのときの私への誠意だと思っています」とお金にまつわる自身の思いをまとめていました。

池田さんが出演する映画『億男』は、10月19日より全国公開が決定しています。

今後の彼女の活躍にも期待しましょう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2018 All Rights Reserved.