とりあえずニュースを確認してみる

【春名風花】本名は西村?一人称が【ぼく】の理由!高校&大学は?

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

 

今度の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」に出演する女優の春名風花さん。

幼い頃から子役として活躍しており、3歳からブログを書いていたことで話題になりました。

そんな春名さんの本名は「西村」であるという情報があります。

また、気になるのがブログやツイッターなどに用いている「ぼく」という一人称。

そこで今回は春名さんの経歴や学歴、そして気になる噂についてまとめてみました!

 

 

春名風花のプロフィールと経歴

 

出典:LINE BLOG

 

名前:春名風花(はるな ふうか)

愛称:はるかぜちゃん

生年月日:2001年2月4日生まれ(17歳)

出身地:神奈川県横浜市

身長:162cm

体重:不明

血液型:A型

職業:女優、声優

 

春名さんは母親が書いていた育児ブログに赤ちゃんの頃から実名で登場し、

雑誌などのスチールモデルや子役として活躍していました。

そして2005年に子どもモデル専門のモデル事務所「クレヨン」に所属。

そして3歳のころに携帯を買ってもらい、自分でブログを更新していたそうです。

 

 

その後、事務所移籍をくり返し、現在は「プロダクション・エース」に所属。

2006年には「江崎グリコ」のパピコのCMで元アイドルの松浦亜弥さんと共演しています。

 

出典:Togetter

 

物心ついた頃から漫画やアニメ、小説に興味を持ったという春名さん。

その後、声優を目指し「日本ナレーション演技研究所」に通っていたといいます。

そのため現在はナレーションやアニメのオフレコの仕事にも取り組んでいます。

 

 

春名風花の高校は?

 

高校の合格発表のときに、合格通知を自身のTwitterにあげていた春名さん。

高校の名前は隠していたため、学校名はいまだに明らかになっていません。

しかし噂では神奈川県の公立高等学校の普通科に進学したと言われています。

そんな彼女は小中学校の時に学校を特定され、迷惑行為を受けていたとか!

このことから、おそらく高校名は伏せていたのでしょうね。

 

 

 

 

本名は西村?

 

その後、春名さんは、無事に高校を卒業したことをブログで報告。

それと同時にとんでもない衝撃カミングアウトをしていました!

それは高校3年間を「西村」という偽名を使って過ごしていたことです。

実は「春名風花」は本名であると以前から明かしていた彼女。

今まではこの名前で芸能活動をしていたため、苦労することが多かったといいます。

 

 

そこで高校の先生方が、違う名前を使用すれば良いのではという提案が。

学生証やテストの際に「西村」という名前を使っていいようにしてくれたそうです。

そのため高校時代は全くの別人として学生生活を送っていたといいます。

しかし、卒業式の時だけは本名で出席しなければならないことに!

そこで担任の先生から「卒業式で名前を呼ばれるときはどうしたい?」

と聞かれた春名さんは卒業式だけは本名で出席しようと決めたそうです。

 

出典:日刊SPA!

 

そして無事に式を終えた彼女は配慮し続けてくれた学校側に対し、

「先生方が平和な高校生活を送れるようにしてくださったこと、本当に感謝しかありません」

と喜びとともに感謝の気持ちを伝えていたといいます。

 

 

春名風花の大学は?

 

春名さんは2019年3月に高校を卒業し、大学に進学すると報告。

ちなみに第一志望は「桐朋学園芸術短期大学演劇専攻科」だと公表しています。

しかし同大学では芸能活動禁止という決まりがあるとのこと。

ですが春名さんは以前からこの大学にずっと憧れていたといい、

仕事と両立していこうと学費をためて必死に頑張っていたそうです。

ですが、まさかの事実に一時はショックで進学を諦めようかと迷っていた春名さん。

 

 

そんな中、ブログにさっそくファンからのアドバイスや励ましのコメントが殺到。

そして1年生の時はカリキュラムが忙しく、芸能活動との両立が不可能だけど、

2年生からは許可がもらえれば芸能活動をして良いことが判明し、感謝していたそうです。

しかし仮に合格できたとしても1年生の年にはすでに仕事が決まっていた彼女。

このため今年は受験を見送ったそうですが、「いつか受験したい」と語っています。

 

 

スポンサーリンク

春名風花の一人称が「ぼく」の理由!

 

春名さんは、昔からネットで自分のことを「ぼく」と呼んでいます。

男の子でもないのにどうして一人称が「ぼく」なのでしょうか?

その理由について調べてみると、本人がイベントで次のように明かしています。

 

「ぼくという一人称は、小学生の頃からずっと使っています。

女性は一人称が『わたし』しかないですよね。

一方で男性は『おれ』『ぼく』『わたし』を使い分けます。

男性が『わたし』という時は、あらたまっていることが多いですよね。

『女性はあらたまった言葉しか使えないのか』と思ったときに、

『ぼく』という一人称は目上の方にも同年代にも失礼なく使える言葉

ぼくにはちょうど良かったため、それから気に入って使っています。」

 

世間ではこのような一人称を使う女性のことを「ボクっ娘」と呼び、人気なんだとか!

しかし、春名さんに関してはしっかりとした理由を持っていることがわかりました。

 

 

 

まとめ

 

今回はタレントの春名風花さんについてまとめてみました。

幼少期から子役として大人の世界で生きてきた彼女。

学生時代には色々な苦労されたようですが、

周りのサポートのおかげもあり無事に高校までを卒業しています。

そして大学についてはこれから考えるとのことで、

いつか第一志望の「桐朋学園芸術短期大学」に合格できるといいですね。

今後も春名さんのさらなる活躍を応援していきたいと思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.