とりあえずニュースを確認してみる

【後藤久美子】”寅さん”新作で女優復帰!若い頃はどんな女性?

 
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

2019年12月27日公開の映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」で、後藤久美子さんが24年ぶりに女優復帰しました。

復帰作にも関わらず、主役の吉岡秀隆さんの初恋の相手という重要な役柄です。

後藤さんは久しぶりの映画の宣伝で張り切って、「徹子の部屋」等の取材を受けました。

しかし、後藤さんが芸能界から遠ざかってからおよそ四半世紀が経っています。

若い人は、後藤さんがどんな方か知らないのではないでしょうか?

という訳で今回は…

  • 後藤久美子さんの若い頃はどんな方だった?
  • 新作「寅さん」はどんな話で、後藤さんの役は?
  • 後藤さんの今後の芸能活動は?

といったことについて、調べてみました。

 

後藤久美子プロフィール

 

氏名:後藤 久美子(ごとう くみこ)

生年月日:1974年3月26日(45歳)

出身地:東京都杉並区

身長:161㎝

血液型:O型

所属事務所:オスカープロモーション

配偶者:ジャン・アレジ

子供:エレナ・アレジ・後藤(長女)、ジュリアーノ・アレジ(長男)

 

美少女ブームの火付け役だって知ってた?

小学5年生の時からモデルを始めた後藤さん。

1986年NHKドラマ「テレビの国のアリス」で女優デビュー。

その後、「国民的美少女」という愛称がつくほどの美貌で、美少女ブームを巻き起こしました。

1987年には、後藤さんの愛称である「ゴクミ」が流行語大賞・銅賞に選ばれる程の人気を博していた。

後藤さんの同期の女優さんと言えば宮沢りえさん。

2人ともとても人気があり、良いライバル関係だったんだそう。

2人がまだ11歳だった頃、「キットカット」のCMで共演しています。

宮沢りえさんと人気を2分する程、当時は人気があったんですね。

 

出典:Pinterest

 

その後、大人になるにつれて後藤さんは女性としての色気も開花させていきます。

「週刊プレイボーイ」で披露したセミ・ヌード

 

「たかの友梨ビューティ―クリニック」のCMで披露した健康的な小麦色の肌は、当時の若い女性の憧れとなりました。

 

出典:aucfan

 

仕事は順調そのものでした。

しかし、後藤さんは当時からサバサバした性格だった為、記者会見などでも笑みを全く見せないそっけない返答にバッシングが集まったこともあったそうです。

後藤さん本人も自身が愛想をふりまかないタイプであると分かってか「ゴクミ語録」という本まで出版しています。

 

出典:amazon

 

1995年にはF1レーサーのジャン・アレジさんと交際し、現在も事実婚です。

後藤さんの結婚生活については、下記添付の記事に詳細が載っていますので是非、読んで下さい。

 

新作寅さんでいきなりヒロイン役?

女優復帰は無い、と宣言していたこともあった後藤さん。

しかし、今回24年ぶりに映画出演を果たしました。

それもヒロイン役です。

新作映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」はどんな話なのでしょう?

 

「男はつらいよ お帰り 寅さん」あらすじ

サラリーマンを辞めて小説家になった満男は娘のユリと2人暮らし。

満男の小説の評判は上々だったが、何故か満男は次回作の執筆に気乗りしなかった。

亡くなった妻の七回忌の法要で、久々に葛飾の実家を訪れた満男。

実家には母・さくらと父・博が今も暮らしている。

法事の後、両親や親せきと話に花を咲かせた。

騒々しくて楽しかった伯父・寅次郎との日々のことを…

 

後日、満男のサイン会に、かつて婚約までした初恋の人・イズミの姿があった。

そして二人は再開を喜び、またしても懐かしい寅次郎の昔話に花を咲かせる。

そしてそこで、意外な話を耳にしてしまう…

 

といったお話。

まだ小さかった吉岡秀隆さんが今回の主人公です。

そして、吉岡さん演じる満男の初恋の相手・イズミを演じるのが後藤さんなのです。

どんな話か、楽しみですね。

 

 

若い人にはピンとこない?

今でもとてもお美しい後藤さん。

しかし、1995年に渡仏してからおよそ四半世紀も経っています。

若い世代は勿論、現在の40代の人でもピンとこないという意見が出ているそうです。

日刊ゲンダイの取材である芸能ライターは次のように答えています。

人気絶頂期だった21歳の時に世界的F1レーサーのジャン・アレジ氏との婚約を発表すると、渡仏して3児の母になりました。

最近まで国内化粧品メーカーのCMなどにも出演していたが、いかんせん四半世紀近く日本を離れていたわけですからね。

彼女の記憶が薄れた人が増えたのも無理はありません。

しかし、日刊ゲンダイが主張したのはそれだけではありません。

今後、後藤さんの芸能人としての価値はこれからどんどん上がると主張しています。

好感度は相変わらず高く、同世代の女性にも好まれると思いました。

恐らくまたCMのオファーが舞い込むことでしょう。

その際の出演料は、所属事務所の後輩の人気女優よりも上になるはず。

少なく見積もっても1本5000万円以上になるのでは。

後藤さんの所属事務所はあのオスカープロモーション。

そして後藤さん程のキャリアになれば、当然、CMの契約単価もかなり高い筈です。

2020年以降、後藤さんがどんな活躍を見せるか楽しみですね。

 

出典:AERA.dot

スポンサーリンク

まとめ

記事を書いた筆者も、実は後藤さんの若い頃の人気をあまり知りませんでした。

しかし、今後は確実に後藤さんが再び輝くことになるのでしょう。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2019 All Rights Reserved.