とりあえずニュースを確認してみる

【DEEP】のボーカルRYOがクビ!?驚愕の引退理由にネット騒然

 
管理人
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
管理人
はじめまして。 当ブログ「とり芸能速報」を運営しております、管理人です! 私自身はあまり、ブログを書きませんが 様々なジャンルで事業を行っています! ユーザー様に得となる情報をお届けする為に今後も情報発信して参ります!

人気ボーカルグループ「DEEP」のメンバー4人のうちの一人、

RYOが2018年12月31日をもって「DEEP」を引退すると、

2018年9月25日、公式サイト・ファンクラブサイトにて発表しました!

 

 

DEEPのメンバーRYOの引退理由とは

「DEEP RYO」の画像検索結果

引用元:DEEP RYO (@DEEPLINKRYO) | Twitter

 

公式サイト・ファンクラブにて引退宣言をしたRYO。

その引退宣言は以下のように書かれていました。

 

~RYO~

いつも応援してくださっている皆様へ

いつも温かいご声援本当にありがとうございます。

突然ではございますが、皆様へご報告させていただきたいことがございます。

この度、私DEEP RYOは2018年12月31日をもちまして、DEEPそしてLDH JAPANを卒業し、

アーティスト活動から引退する運びとなりました。

「EXILE VOCAL BATTLE AUDITION 2006 〜ASIAN DREAM〜」を機にメジャーデビューさせていただき、これまでの約12年間、様々な出会いがあり、言葉では言い表せないほどのたくさんの経験を積ませていただきました。

これもひとえに皆様の温かいご声援のお陰であると深く感謝しております。

引用元:DEEP 公式サイト「DEEPを応援してくださる皆様へ」INFORMATION

 

またその引退理由ですが、

今年32歳を迎えたRYOが自分の人生についていろいろと考えた結果なのだと書かれています。

 

今年の12月31日をもって「DEEP」を引退するそうですが、

「今後は一人の大人として自分の人生に責任を持って生きていきたいと思っております。」

と公式サイトにも書かれている通り、芸能活動からは身を引くようです。

 

またRYO自身が絵やデザイン・アートの世界に挑戦したいと公言していますので、

今後は音楽・舞台関係の仕事ではなく芸術系の仕事に身を入れていくのでしょう。

 

 

DEEPのメンバーRYOと他メンバーの関係

「DEEP RYO」の画像検索結果

引用元:DEEP・RYO、アーティスト活動引退を発表 今後にも言及 – モデルプレス

 

引退理由については絵やデザイン・アートの世界に挑戦したいと本人が言っていますが、

やはり気になるのは「メンバー間トラブルでは?」という部分でしょう。

 

しかしDEEPはファンの間やアーティスト業界の中でも、

「メンバー間の仲が良い」

と言われているそうなんです。

 

そのためDEEPとして10年以上も4人で活動をしてこれたのでしょう。

 

また2018年2月に行われたインタビューでメンバーであるYUICHIROはRYOについてこのように述べています。

 

メンバーでもあり家族でもあるけど、いることが当たり前の存在です。

良き理解者というか。

引用元:【インタビュー】DEEPからファンへの決意表明「僕らには歌を歌うことしかできない」 #ldnews

 

このようなところから、RYOがDEEPを抜ける理由は

公式サイトでも述べている通り芸術系の世界に身を入れるというのが本当のようです。

RYOなきDEEPの今後の活動は?

「DEEP RYO」の画像検索結果

引用元:টুইটারে DEEP: “RYO「DEEPのRYOです!なんと皆さん、ファンクラブ …

気になるのはRYOが脱退した後の「DEEP」がどのように活動していくのか、はたまた解散なのかという点です。

 

公式サイトでは、

メンバーのYUICHIROが「3人の新たな門出です」と述べていたり、

 

メンバーのKEISEIが

「これからはDEEPというグループをRYOの分までしっかり守っていくと同時に、

僕ら三人はRYOの想いを背負って今まで以上に歌を皆様に全力でお届けして参りますので、

何卒変わらぬ応援をよろしくお願いします。」

引用元:DEEP 公式サイト「DEEPを応援してくださる皆様へ」INFORMATION

と述べているため、3人組として「DEEP」は活動していくようです。

 

まとめ

「DEEP」の公式サイトでRYOは、今後もさらに高みを目指していくと述べています。

 

今後はこれまでとは違うステージで努力をするということですが、

アート系の世界でもこれまで以上に活躍をしてくれることを期待しましょう。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
管理人
はじめまして。 当ブログ「とり芸能速報」を運営しております、管理人です! 私自身はあまり、ブログを書きませんが 様々なジャンルで事業を行っています! ユーザー様に得となる情報をお届けする為に今後も情報発信して参ります!
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2018 All Rights Reserved.