とりあえずニュースを確認してみる

【安東弘樹】TBSアナ時代の年収告白!気になる現在の年収も調査

 
管理人
WRITER
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
管理人
はじめまして。 当ブログ「とり芸能速報」を運営しております、管理人です! 私自身はあまり、ブログを書きませんが 様々なジャンルで事業を行っています! ユーザー様に得となる情報をお届けする為に今後も情報発信して参ります!

元TBSアナウンサーで現在はフリーアナウンサーの安東弘樹さんが、10月4日にテレビ東京系「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」に出演。

TBS時代の年収を告白しました。

いったいどのくらいの年収だったのでしょうか。

現在の収入はどのくらいかも合わせて調査しました。

安東弘樹さんのプロフィール

 

名前:安東弘樹(あんどう ひろき)
生年月日:1967年10月8日(50歳)
出身地:神奈川県横浜市
身長:166㎝
血液型:B型
最終学歴:成城大学法学部
入社年:1991年
所属事務所:キューブ

安東弘樹さんは横浜市立桜丘高等学校、成城大学法学部を経て1991年にTBSに入社。

「ワンダフル」「王様のブランチ」「アッコにおまかせ」などのバラエティを中心に活躍し「アンディ」というニックネームで親しまれてきました。

私生活では、TBSの「日立 世界・ふしぎ発見!」でミステリーハンターとして活躍する川幡由佳さんと2005年に結婚し、現在二人の息子がいます。

2011年に43歳でアナウンス部次長に就任してからは、アナウンス業務のほか新人アナウンサーなどのマネージメント業務も担当することになり、一番多いときで13人のアナウンサーのマネージメントをしていたそうです。

あまりにも多忙を極めたことから、2018年3月31日にTBSを退社した安東弘樹さん。

生瀬勝久さんや古田新太さんなど俳優や女優が多く所属する事務所・キューブに所属し、フリーアナウンサーとして活動を始めました。

6月13日には吉高由里子さん主演「正義のセ」、9月23日には北川景子さん主演のテレビ朝日系ドラマ「指定弁護士」に出演しており、今後はアナウンサーだけではなく俳優としての活動も本格的に始めるのではとみられています。

TBS時代の驚きの年収とは!?

 

10月4日の「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」では、MCの河本準一さんが

局のアナウンサーはどうしても給料が結構いいというイメージしかないけど、TBSさんは?

と安東弘樹さんに質問。

すると安東弘樹さんは

だいたい30~40代で1500万円~2000万円ぐらいの間

大胆告白していました。

アナウンサーがテレビ局の年収を告白するのにも驚きですが、何よりも額の大きさにびっくりですよね。

しかもこの年収は安東弘樹さんがアナウンス部次長になる前の金額ですので、アナウンス部次長になってからはさらにもらっていたということになります。

2,000万円以上はもらっていたのでしょう。

ほかのテレビ局の年収はどのくらい?

 

TBSのアナウンサーは30~40代では年収1500万円~2000万円ほどもらえることがわかりました。

それではほかのテレビ局社員の年収はどれくらいなのでしょうか。

テレビ局で年収が一番高いのは大阪市にあるテレビ・ラジオ放送局である朝日放送だと言われています。

テレビ局の年収ランキングでは長年に渡って1位に君臨し続ける朝日放送。

平成27~28年度のデータでは、朝日放送は平均年収が1,498万円。

2位はTBSで1,490万円、3位はフジテレビで1430万円、4位は日本テレビで1,427万円、5位はテレビ朝日で1,334万円だということです。

引用:業界動向

この金額は全社員の平均年収を算出しているものですが、やはりテレビ局社員は高年収であることがわかります。

TBS以外の主要テレビ局でもTBSと比べて年収が100万円前後しか変わらないところをみると、主要テレビ局で活躍している30~40代アナウンサーは安東弘樹さんと同程度の1,500~2,000万円ほどの年収になると推測できるでしょう。

ネットでは、フジテレビのアミーゴこと伊藤利尋アナや、TBSの安住紳一郎アナも2,000万円程度ではないかと言われています。

フリーアナウンサー転向後の収入は?

 

フリーアナウンサーになったばかりの安東弘樹さんは現在どのくらいの収入があるのでしょうか。

フリーアナウンサーになったばかりとはいえ、長年TBSの人気番組に出演してきた実力派アナで視聴者のファンも多い安東弘樹さん。

現在の収入については公開していませんが、現在イベント、テレビ、ラジオ、ドラマなどさまざまな分野で活動していることからフリーアナウンサー1年目の年収は高額になると予想されます。

同じくフリーアナウンサー1年目の元NHKアナウンサー・登坂淳一さんは、フリー転身後の収入が「驚くほど上がりました」とテレビ番組で語っていますので、安東弘樹さんのフリー1年目の年収は少なくともTBS時代の年収である2,000万円の数倍にはなっているでしょう。

現在単発の番組出演がメインである安東弘樹さんですが、帯番組出演が決まれば年収1億円超えもあるのではないでしょうか。

今後の安東弘樹さんの活躍に期待です。

この記事を書いている人 - WRITER -
管理人
はじめまして。 当ブログ「とり芸能速報」を運営しております、管理人です! 私自身はあまり、ブログを書きませんが 様々なジャンルで事業を行っています! ユーザー様に得となる情報をお届けする為に今後も情報発信して参ります!
スポンサーリンク











コメントを残す

Copyright© とりま芸能速報 , 2013 ~ 2018 All Rights Reserved.